いちじくが主役のフェス開催!「いちじくいち」に出かけよう

秋田県にかほ市大竹集落の特産といえば、いちじく!そんな大竹いちじくを主役にしたフェスが、閉校した小学校を舞台に毎年開催されています。2日間で来場者数は延べ5,000人!作り手とお客さんのいちじく愛が詰まった「いちじくいち」をご紹介します。

「いちじくいち」とは?

いちじくいち2019ポスター画像
【いちじくいち2019 開催概要】
日時:2019年10月5日(土)・6日(日) 両日ともに11:00~16:00
場所:旧上郷小学校(秋田県にかほ市象潟町小滝舞台64)
料金:入場無料・退場料有料(お気持ちで1円~)
主催:佐藤勘六商店、のんびり合同会社

会場は、平成29年度に惜しまれつつ閉校した上郷小学校。その校舎からは雄大な鳥海山と一面の田んぼを臨み、当時の児童たちの恵まれた学習環境を想像できます。各教室では飲食店や雑貨屋ブースの出店、家庭科室では甘露煮づくりのワークショップ、体育館ではトークショーや公開収録など、校舎のつくりを活かした催しや装飾も見どころです。

とにかく「いちじく」が主役なんです!

いちじくいち2016(第1回)開催のCM

「いちじくいち」の主役は、その名の通り「いちじく」!秋田県にかほ市大竹集落で栽培されるいちじく「ホワイトゼノア」は、甘露煮などの過熱加工用として、県内に流通するいちじくの約9割を占めています。

大竹集落で育つ秋田のいちじく

2019-03-12

県内外から人気の飲食店や雑貨店が多数出店するのも人気の秘密!この日のために、大竹いちじくを使用した限定メニューを出してくれるお店もあります。道の駅象潟ねむの丘との共同開発商品「いちじくソフト」や「いちじく美ネガー」も会場内で販売します!また、勘六商店ブースでは、いちじく甘露煮やドライいちじくの量り売りも行います。お持ち帰りやお土産にぜひご利用ください!

完熟いちじくと甘露煮の食べ比べ
完熟いちじくと甘露煮の食べ比べ
いちじくタルト
市内コーヒーショップのいちじくタルト

退場料有料って?

退場ゲートに設置された募金箱
退場ゲートに設置された募金箱

入場無料、退場料有料!?そうです、退場時、会場出口に設置された募金箱にお客さまからのお気持ちをお支払い頂いております。毎年継続して開催できるよう、ご協力をお願い致します。

秋田魁新報2018年10月3日付の記事

いちじくいちは、市や県の補助金・助成金といった公的資金に頼らない運営を行っています。モットーは、北限のいちじくを軸にして身の丈の豊かさについて考えられる市。地元の特産であるいちじくを軸に、関わる人々がそれぞれ経済的な意識を持ちながら地元のイベントとして育てていくことを目標としています。

2018年の開催時はクラウドファンデイングで資金集めを呼びかけ、返礼品として特製グッズやいちじく食べ比べセットなどを送りました。

2019年は、ホームページ上で個人・企業問わずスポンサーを募集し、名前入りのちょうちんで会場装飾が行われる予定です。

目玉!朝採れいちじくの直売に長蛇の列

いちじくの直売に並ぶ列
あまりの行列に、2018年から整理券制度を導入

いちじくいちの目玉は、なんといっても朝採れいちじくの直売!例年、9月下旬から収穫が始まり、10月に収穫のピークを迎える大竹いちじく。この時季の風物詩としてご家庭で甘露煮やジャムを作る方も多く、毎年開場前から加工用いちじくを求める長蛇の列ができるのです。

収穫直後のいちじく
【いちじくいち2019 加工用いちじく販売情報】
10:30 販売数発表・整理券※配布/会場入場口
11:00 販売スタート/2F多目的ホール
価格:1袋750円(1kg入り)
※整理券は無くなり次第終了いたします。農産物のため、その日の収穫量により販売数が当日発表となることをご了承ください。

甘露煮づくりに使う加工用いちじく販売は上記の通りですが、木の上でしっかり熟した「完熟いちじく」は会場内の飲食ブースにて数量限定販売します。秋田ではこれまで生食文化のなかったいちじく。この機会にいかがでしょうか♪

魅力的なイベント目白押し!

ステージで披露される小滝番楽
1日目の夜は出店者を交えてのお楽しみ会も

会場内の展示物を見ながらショッピングや食べ歩きを楽しむのもいいですが、ワークショップやステージイベントに参加するのも楽しいですよ!

いちじく甘露煮作りワークショップ

いちじくを鍋で似ている様子

「いちじくを煮て食べる」という秋田の伝統食文化を次世代に残したい!昔おばあちゃんが作ってくれたけど自分で煮たことないな…。そんなあなた!一緒にいちじく甘露煮を作ってみませんか?作った甘露煮はそのままお持ち帰りいただけます。

【いちじく甘露煮ワークショップ】
日時:2019年10月5日(土)・6日(日) 両日ともに14:00~15:00
場所:旧上郷小学校 3F家庭科室
講師:佐々木愛香(オイシックス・ラ・大地株式会社 レシピ開発担当)、土門操(栄養教諭)
料金:一人2,000円
定員:両日ともに20名
対象:小学生以上(小学生未満のお子様には、大人のサポートをお願いします)
お申し込み:佐藤勘六商店(0184-74-3617/info@kanroku.jp

受け継がれる伝統製法

2019-02-25

いちじく畑見学ツアー

枝に実ったいちじく

2019年からの新企画!いちじく畑って見たことがありますか?いちじくの商業栽培としての北限の地、大竹のいちじく畑の見学ツアーを開催します。生産者の皆さんが手塩にかけて育てているいちじく、見学後はいちじくがもっと美味しく感じられること間違いなし!

【いちじく畑見学ツアー】
日時:2019年10月5日(土)・6日(日) 両日ともに14:30~15:30
集合場所:旧上郷小学校 正面玄関付近
行先:大竹集落(西山団地)
料金:無料
定員:両日ともに20名
お申し込み:にかほ市農林水産課(0184-38-4303/arashi-n@city.nikaho.lg.jp)
※雨天決行、荒天中止
※メールよりお申し込みの方は、①参加希望日②参加人数③代表者氏名④代表者連絡先 をご記載ください。

大人気「いちじくいちを」グッズ

いちじくのキャラクターグッズ

会場内の装飾で目を引くのが、あどけない表情の「いちじくいちを」。このキャラクターグッズを当日販売いたします。巾着やマスキングテープなど、老若男女の心をつかむグッズの数々!自分用に、お土産に、ぜひ会場でお買い求めください。

集めてかわいい!いちじくいちをグッズ

2019-05-29

以上、いちじくいちの魅力をご紹介してきました。出店者情報などの詳細は、公式サイトからご確認頂けます。皆さまのご来場、お待ちしております!